代謝シグナルが投射されるゲノム領域の同定と転写環境調節機構の解明

 エネルギー代謝シグナルの解析のための個体を用いたアッセイ系として、肝臓へのアデノウイルスによるルシフェラーゼレポーター遺伝子の導入と生体イメージング(IVIS)を組み合わせた定量系 in vivo Ad-luc 解析法)を確立してきました。

 さらに最近我々は、ゲノム上の全転写因子を網羅する発現ライブラリー(TFELTranscription Factor Expression Library を独自に開発し、それを用いた転写複合体解析法(TFEL scan法)を確立しました。

 in vivo Ad-luc解析法により、様々なエネルギー代謝シグナルが投射されるゲノム上の領域を同定を進め、そこに我々独自のTFEL scan転写複合体解析法を組み合わせることにより、その領域上におけるエピゲノム情報を含めた転写環境制御機構の解明 を目指します。