脂質合成転写因子 SREBP-1c の研究

Sterol regulatory element-binding protein (SREBP)は脂肪酸・トリグリセリド・コレステロール合成を制御する転写因子です。SREBPにはSREBP-1a、-1c、-2の3つのアイソフォームが存在し、SREBP-1cは脂肪酸、トリグリセリド合成、SREBP-2はコレステロール合成、SREBP-1aは脂肪酸・コレステロール合成の両方を制御します。肝臓などの分化した組織ではSREBP-1cとSREBP-2が主要なアイソフォームであり、SREBP-1aは培養細胞や増殖が活発な細胞での主要なアイソファームです。

我々は分子生物学的手法とトランスジェニックマウス・ノックアウトマウスを用いた発生工学的手法により、SREBP-1cは栄養状態により発現が誘導され、標的である脂肪酸合成関連遺伝子を一括して制御して糖、炭水化物から脂肪酸合成に導くことを明らかにしました。



さらに、それを介して本転写因子が過食やインスリン抵抗性状態で活性化し、脂肪肝や脂質異常症、インスリン抵抗性、インスリン分泌障害などを導くことを明らかにしました。現在、栄養によるSREBP制御機構や各臓器・細胞における機能についてさらなる解析を進めています。