研究活動のご紹介

島野教授から


糖尿病、メタボリックシンドローム、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病はライフスタイルの欧米化と共に顕著に増加している領域です。そして生活習慣病による合併症の発症は、日本人のQOLを支配する重要な因子となっています。例えば糖尿病は、成人の失明や腎透析の最大の原因であるのみならず、高脂血症や高血圧とならんで心筋梗塞や脳卒中の最も重要な原因となっています。そこで、私どもは生活習慣病の遺伝的背景や病態生理、成因を明らかにし、糖尿病、メタボリックシンドローム、高脂血症、動脈硬化を克服する為の創造的努力を、一丸となって取り組んでいます。


増加し続ける糖尿病(あるいは生活習慣病)について何故、糖尿病が増加してしまったのかについて考えてみる必要があります。糖尿病の成因として体質が関与しますが、糖尿病の発症が急速に増加していることから、その主要因は環境や生活習慣の急速な変化:エネルギー摂取の過剰(食事の欧米化)とエネルギー消費(運動)の減少に関係すると考えられています。しかも、日本人の体質・遺伝子システムは現代の生活習慣にうまく適応しにくいという特徴があります。生活習慣の克服は大変困難で、多くの人が生活習慣の変化に適応しきれずに糖尿病を発症しています。糖尿病(あるいは生活習慣病)の研究については、この不適応をどのようにしたら解消できるかということに注目して取り組んでいます。不適応は分子レベルでは生活習慣に対する遺伝子発現、すなわちエネルギー代謝に関与する遺伝子の転写調節の慢性的異常と捉えることが出来ます。


多因子疾患である生活習慣病の原因遺伝子の分離同定や、発生工学的手法を用いた病態モデル動物の開発および解析を通じて、生活習慣病の未知の部分を明確にしたいと考えています。さらに分子生物学的手法を駆使して、糖尿病,メタボリックシンドローム、高脂血症,肥満の共通の基盤であるエネルギー代謝異常・転写調節の分子機構や、生活習慣病の果てにある動脈硬化や糖尿病合併症の分子病態を明らかにしようとしています。そして、現代社会において最も克服しなければならない糖尿病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の根治的治療法の開発に発展させたいと考えています。


医学部と理工農薬学部は断絶し、連携がないと思われていますが、我が研究室では医学と理工農薬学の融合を目指しています。医学の研究ではもちろん、医学の知識は必要でありますが、それだけでは研究の発展はありません。医学の知識、理工農薬の知識を融合させ、連携させることにより研究は相乗的な発展が得られると考えます。医学出身者のみならず、理工農薬出身者の研究室への参加を待っています。

最近では、我々が研究を展開しているエネルギー代謝は炎症、細胞増殖などといった細胞や個体の生命現象の根幹にかかわるものの今までは全く別と考えられていた領域との関連がありそうな印象をもっており、この展開が新しいパラダイムの創成を予感させ、いま目の前に新しい世界の黎明期が横たわっているのではないかと期待しています。


生命現象のより本質へ向かって研究を進めることはとても楽しいことです。底が深いし、飽きることはありません。想定した実験結果を得た時の満足感、予想しない結果を得たときの驚き、そこから得られる未知の真実に触れたときの悦びは、この上ないものです。また論文が受理された時の喜び、感慨は筆舌に尽くしがたいものがあります。


確かに,この道に入れば、楽ではありません。しかし、努力に値する探求心の昂揚と充実感に満ちた毎日を繰り返せるような指導を心掛けたいと思います。


我々と一緒に、教科書に新しい一行、一頁を書き込んでいきましょう。