第54回日本臨床分子医学会学術集会

2017-04-14 サイト 管理者

本日から開催されている第54日本臨床分子医学会学術集会では、当科からも発表を行います。

 

一般演題(ポスター)

P-37: KLF15 は絶食時において脂質代謝と糖代謝を制御する重要な因子である

武内 謙憲

P-44: 新規代謝制御分子 CtBP2 による脂質合成系遺伝子群の転写制御機構

菅澤 威仁

P-45: 脂肪酸伸長酵素 Elovl6 欠損マウスはショ糖嗜好性が亢進する

千葉

P-46: 脳における脂肪酸伸長酵素 Elovl6 の役割

志村 拓哉

 

スポンサーセミナー3 「成人病の分子病態研究の新展開」

SS3-4: 新しく同定されたエネルギー代謝産物センサー分子 CtBP2 による

糖・脂質代謝制御システム

関谷 元博

 

また当科の島野 仁先生が、第55代日本臨床分子医学会会長(平成2941-平成30331日)を務めることになりました(学会Webサイトはこちら)。