新着コンテンツ

全71件  <<前の20件 1  2  3  4 
[ HTMLコンテンツ ]
地域医療施設と筑波大学代謝内分泌・糖尿病内科の 「生活習慣病を中心とした新連携診療システム」 背景 地域開業医の先生方より、糖尿病教育入院のシステムや栄養指導体制、運動療法など、当院が持つ生活習慣病診療resourceを気軽に利用できるようにしたいとの声が寄せられている。また生活習慣病診療やその薬物の複雑化などにともない、コントロ...
2011-02-04
[ HTMLコンテンツ ]
我々は、遺伝子発現制御から生活習慣病発症メカニズム解明と病気の治療法の確立を目標に研究を行っています。 その成果は世界的に評価を受けています。 詳しくは、左のメニューから論文リストをご覧ください。
2011-01-28
[ HTMLコンテンツ ]
エネルギー代謝の変化は、日、月、年の時間をかけたバランスです。長期的な栄養代謝の場合、その制御を行うのは諸酵素の転写レベル(mRNAレベル)での調節が重要です。遺伝子の発現を調節するのが転写因子です。栄養バランスを音楽に例えるならば、各楽器の演奏者が各遺伝子でそれを全体で指揮している指揮者が転写因子といえます。エネルギー代謝(コレステロール、脂肪酸、糖代謝)...
2011-01-28
[ HTMLコンテンツ ]
内分泌代謝・糖尿病内科の臨床活動について  内分泌代謝・糖尿病内科では,糖尿病,メタボリックシンドローム、高脂血症,肥満などの生活習慣病や副腎、脳下垂体、甲状腺などの内分泌疾患の診療を中心に、動脈硬化,糖尿病に基づく腎障害,網膜症,神経障害など血管合併症を対象としています。  特に糖尿病、メタボリックシンドローム、高...
2011-01-28
[ HTMLコンテンツ ]
準備中
2011-01-27
[ HTMLコンテンツ ]
社会に向けたメッセージ ~人材育成の理念~ 第4次産業ともいうべき知識産業を強めていく事が日本の生き残り、再活性化のカギであり、医療医学はそのフラッグシップとなるべき領域のひとつとするべきです。その知識産業のインフラの中核は大学です。 大学の本分は真理を探究し、知的社会の基盤を創りその中核となる人材を育てることにあります。 ...
2011-01-27
[ HTMLコンテンツ ]
研究をめざす人達へ 社会勉強としてのラボ 今までの研究の過程で多くの優秀な研究者を学内外に輩出してきました。今は、大学や企業の研究室のヘッドとして一線で活躍されています。彼らも含めて研究室は,医師の他,修士,博士院生,卒研生、海外留学生、ポスドク,企業研究員など多様で異なる価値観と個性からなる集団からなっています。お互いが協力と切...
2011-01-27
[ HTMLコンテンツ ]
当科の研究展開 本学に着任してからの10年間で、発生工学動物,分子生物学的手法を駆使して脂質代謝の転写制御機構解明の研究を手がけ、エネルギー代謝のホメオスタシスにおける転写因子ネットワークパラダイムを提唱してきました(当科ラボの紹介サイトをご参照下さい)。特に脂質合成転写因子の生理的意義や生活習慣病の病態への関与を、動物モデルで実証しそのメ...
2011-01-27
[ HTMLコンテンツ ]
先端医療にむけて 今年竣工予定のイノヴェーションセンターで展開予定の脂質の質に視点をおいた生活習慣病戦略の開発を展開します。肥満や貯まった脂を減らす従来の治療から視点を変えた新しい生活習慣病治療の新しい理念を提言します。 詳細はラボの研究内容で紹介していますが、今までエネルギー代謝転写調節の研究を中心に、常に独自の新しい...
2011-01-27
[ HTMLコンテンツ ]
考える医師、一生学び楽しめる医師をめざそう 常に病態メカニズムを考える、なぜ,どうして、考えるクセを身につけてもらいたいと思います。その習慣が環境を内面をかえていく事に繋がります。 それがひとりひとりの小さな進歩、発見にモチベーションに繋がり大きな実を結ぶことになるかもしれません。 これからグループに入る人達には楽しい学びの第一歩として大学...
2011-01-27
[ HTMLコンテンツ ]
準備中
2011-01-27
全71件  <<前の20件 1  2  3  4